電気メモ

電気設備に関する個人的メモ帳

コイルと交流

コイルと交流電圧
周波数が高いと、電流が流れにくい。
周波数が低いと、電流が流れやすい。

誘導性リアクタンス
交流電流に、抵抗のように作用するコイルの定数のこと。
抵抗の概念を拡張した考え方。
単位は Ω(オーム)

公式:XL=ωL=2πfL
※L=コイルのインダクタンス

インダクタンス
単位は H(ヘンリー)
コイルに流れる電流を阻止する働きをする。
コイルの形状と巻数によって変化する。

公式:L ∝ A × N^2
※「∝」は比例記号
※Aはコイルの形状によってきまる定数(A = Al Valueの略)
※N=コイルの巻数

交流とコイルの公式
・電圧 V = V0sinωt
・電流 I = V0ωLsin(ωt – π2)
・V0 = ωLI0