電気メモ

電気設備に関する個人的メモ帳

電線の識別標識

正相と逆相

UGS、PAS等の受電設備の更新の際は、正相と逆相に注意する。
工事前に、低圧の動力ブレーカー1次側にて検相を確認し、正相か逆相かどうか必ずチェック。
絶縁耐力試験終了⇒工事完了⇒高圧受電⇒電圧確認と、ここまで来たら、低圧ブレーカーを入れる前に、再度検相確認。