電気メモ

電気設備に関する個人的メモ帳

UVR 不足電圧継電器 27

■UVRの用途
・非常用発電機の起動
・真空遮断器(VCB)の遮断
・電源切替器の非常系への切替

■動作電圧
一般的に「80〜90V」で整定されている。

■動作時間
一般的に「1〜2秒」に整定されている。
動作時間をあまり早く整定すると電力会社の瞬低などで不必要動作してしまう可能性がある。

UVRは、停電した時に動作する必要がある。
なので、電源がなくなっても接点が閉になる様にしなければならない。
なのでUVRのB接点は、動作時(停電時)に閉になる様になっている。

■代表的な配線例


■OCR + UVRでOCR電圧引き外しの動作試験ができなかった場合
・静止型UVRの場合、引き外し用配線(C)だけを外して試してみる。

■誘導型のOCR+UVRの場合
UVRの円板を動作状態に固定してあげてテープで止めた状態でOCRの試験をする。
停電中はUVR接点が閉なのでVCBを投入してもTCで引き外されて入らないことがある。