でんきメモ

ガソリンと灯油の違い

石油とは?
石油は英語で「Petroleum」
主成分は炭素と水素の化合物(炭化水素 hydrocarbon)
液状の鉱物資源。
少量の硫黄・酸素・窒素など、さまざまな物質を含む。

原油(げんゆ)とは?
地下の油田から採掘後、ガス、水分、異物などを大まかに除去した精製前のもの。

ガソリンとは?
英語で「gasoline」

由来
「gas(ガス)」
「ol」アルコールやフェノール類の接尾辞
「ine」不飽和炭化水素の接尾辞

ガソリンの作り方
原油を原油タンクに移して「蒸留塔」で原油を蒸留する。
加熱して液体⇒気体⇒冷やして再び液体という工程。

「液体になる温度の違い」で名称が変わる(元は同じ石油)
蒸留塔の内部(上から軽い順)

35℃以下 LPガス
35~180℃ ガソリン・ナフサ
170~250℃ ジェット燃料油・灯油
240~350℃ 軽油
350℃以上 重油

ガソリンの危険性

・引火点が低い(引火点はマイナス40℃以下)
・揮発性が高い(揮発=常温で液体が気化すること)
・常温で燃えやすい
・小さな火源でも爆発的に燃焼する
・ガソリンの蒸気は空気より重く穴やくぼみなどに溜まりやすい。

ガソリンが入った携行缶を社内に放置

ガソリン等が入った容器を車内に置いておくことは危険。
気温上昇や直射日光等により温められたガソリンから可燃性蒸気が発生する可能性がある。
静電気等でも火災が容易に発生する。

携行缶の内部が高温、高圧になっている場合
・携行缶の外側が熱い
・フタが固く開けにくくなっている

対処方法
・火気や人がいない日陰の風通しが良い場所に移動させる
・常温程度にまで温度が下がるまで待つ
・ゆっくりと空気抜きを行う

関連ページ

TOPに戻る