でんきメモ

常用単価(日当)

常用単価(日当)とは?
1日に働いてもらえるお金のこと。
電気工事士や大工など、1日労働に従事したときの賃金を指す。

最近の現場は週休2日+祝日も休み、というのも増えてきた。
すると従来の常用単価では働く日が減るので給与も減る。

常用単価を採用している会社の特長
・従業員を正社員として抱えることなく会社を運営できる。
・毎月発生する人件費を流動的に変化させることができる。

常用単価のデメリット
・現場自体が週休2日、祝日も休みになると、月給が下がる。
・労働時間8:00~17:00、給与固定となると、早く効率的に終わらせるというモチベーションが沸かない。
・遠方の仕事をしても給与変わらず、移動のための拘束時間だけが増える。

関連ページ

TOPに戻る