でんきメモ

太陽光設備 発電容量での区分

■10kWを超える
産業用太陽光発電と呼ばれる。
住宅用太陽光発電とは区別される。

■50kW未満
電気工事事業法では小出力発電設備にあたり「一般用電気工作物」に分類される。
保安規定などの届け出が不要。
第二種電気工事士以上の資格で工事ができる。

■50kWを超える
発電設備は「高圧」という区分になる。
電気事業法上は、発電用の電気工作物(発電所)にあたり「自家用電気工作物」になる。
「保安規程の届け出」と「電気主任技術者の選任」の義務がある。

用語の意味

再エネ賦課金・固定価格買い取り制度(FIT)とは?

■買取価格の入札制度
再生可能エネルギーの買取価格を決める制度。
発電事業の内容によっては、入札を通してでないと、電気が売れない。
電気を最も安く売ると言った人から順番に電気が買われる。
必要な電気量が集まったら終わり。買われなかった事業は次の入札まで待つ。
要するに「入札制度」とは、事業者同士による「価格競争」

■MPPT
Maximum Power Point Tracking
最大電力点追従という意味。
日射量や温度によって常に変動する電圧と電流から、発電量が最大になる電圧と電流の組み合わせを自動で見つけ出し、発電量を維持できるように制御する働き。

■ブロッキングダイオード
逆流防止ダイオードのこと。
日陰になったソーラーパネル(セル)や、夜間に発電していない場合、バッテリーや他のソーラーパネルから電流が逆流するのを防ぐ。
ソーラーパネルと直列に接続する。

■単相PCSと三相PCSの違い
単相パワコンは、家庭用の電源で動かすことができ、配線も簡単で、使いやすい。
音も小さく、住宅地での採用が多い。
三相パワコンは、工場などにある200Vの動力電源を利用して動かす。
容量が単相パワコンよりも大きいので、設置する台数を減らせる。
直流の電力が、電力会社の電力系統に流れ込まないようにするための「絶縁トランス」と呼ばれる装置が必要になる。
(単相パワコンでは絶縁トランスは必要なし)

■I-Vカーブ
太陽電池モジュールの性能試験の一つ。
太陽電池が発電している状態において、電流Iと電圧Vの関係をグラフ化したもの。
太陽電池モジュールを直列につないだ単位(ストリング)ごとに測定を行う。
このI-Vカーブを測定することで、発電能力が把握できる。
正常な場合、IVカーブは滑らかな形状となり、異常がある場合、IVカーブの途中で曲線が見られる。
複数ストリングのカーブと相対比較をして異常を判定することができる。
同じ太陽電池モジュールを測定しても、測定時の日射量・パネル温度などの測定条件により、Isc(短絡電流)、Voc(開放電圧)など太陽電池モジュールの性能評価を行う重要な要素が大きく変わってしまう。
測定環境は、日射強度700W/m2以上、安定した天候、南中時±1時間の間に測定するのが望ましい(JIS C8953)

■FF値:曲線因子
最適動作点での出力(最大出力)を、開放電圧と短絡電流の積で割った値のこと。
FF = Pm / (Voc * Isc)
0.7が標準値。
VocとIscが一定であれば、FFを大きくすることでPmを向上させることが可能。
FFは太陽電池内部の直列・並列接続の抵抗値やダイオード損失の影響を受ける。
メーカーではこれらの値を小さくしてFF値を改善する取り組みが行われている。

■ストリング
複数枚のモジュール(パネル)を直列に接続した状態を系統(ストリング)と言う。

■PV
Photovoltaic = 光で発電する

■インバータ
直流を交流に変換 or 直流・交流から周波数の異なる交流に変換

■調整池
太陽光発電施設整備に伴い、開発行為(掘削等の土地形質を変更する行為)を行う合計面積が1ha 以上となる場合、重要調整池の設置が必要となる。
草木が繁茂している状態であれば、植物の根と土が保水力を保ってくれる。
しかし開発した土地には草木は生えていないので、雨水は表面の土砂を巻き込みながら流れて行ってしまう。

■太陽光パネルの不具合
パネルは直列接続のため、1枚だけが不具合の場合でも、電流の流れが妨げられ、発電量が大幅に低下することがある。