でんきメモ

テスターで静電容量を測定する原理


テスターの電流発生回路より、測定対象のコンデンサに、既知の電流Isを印加する。
タイマにより、コンデンサの端子間電圧が、ある基準電圧値Vcに達するまでの時間Tcを測定する。
測定対象のコンデンサの静電容量Cx=Is×Tc/Vcより算出する。

※この方式は、測定対象のコンデンサに直流電流を流すので、漏れ電流の大きいコンデンサ(使い古した電界コンデンサ)や、回路に組み込まれたコンデンサ(並列に抵抗が接続された状態)では正しく測定できない。

静電容量の単位

所有しているテスターで測定できる静電容量の上限~下限を覚えておく。
また、静電容量の単位を把握しておく。

テスターで静電容量を測定する際の注意点

充電されたコンデンサを放電する方法

測定に関する疑問

静電容量の測定方法は、測定対象に一定の電流を流し、タイマによって充電されるまでの時間を測るらしい。

もしコンデンサにある程度の充電がされていた場合、ある基準電圧値Vcに達するまでの時間は短くなり、本来の静電容量より小さい値が出てしまう?
TOPに戻る