でんきメモ

APFC 自動力率調整器

APFC = Automatic Power and Frequency

電力用コンデンサの投入を、自動的に制御して、力率の調整を行う機器のこと。
力率割引による電気料金の低減、電力損失の軽減、進みすぎによる電圧上昇の防止を行える。

高圧受変電設備の系統に設置して、力率を監視し、コンデンサを自動投入・切り離しを行う。
力率を85%以上にすると、電力の基本料金の割引が受けられる。

進相コンデンサーは、交流回路において発生する「無効電流」の割合を減らし、力率の改善ができる。
モーターなど熱源となることを目的としない負荷の場合、コイルに電気が流れ無効電流が発生する。
進相コンデンサは、無効電流と逆方向の電流を流すことで、無駄な電流を省く役割がある。

従来の需要家では早朝にコンデンサを手動投入し、業務終了時にコンデンサを切り離す作業が行われていた。
ただ、LBSなど負荷開閉器を用いた作業では、操作者の技量により、安全性・信頼性が大きく変動する。

この作業を自動化し、安全性と効率を高めるため、APFCを設置する。
APFCは、VCSやVMCのような高圧接触器MCをSCの1次側に設け、信号によって操作し、MCの入切を行う。

自動力率調整器のメリット

APFC 設置位置

高調波メータリレーを組み合わせると、高調波による直列リアクトルの焼損事故を防げる。

APFC 正面


APFC 裏面端子


NC端子の意味【予想】
NC端子は、何も接続してはいけないという端子
これに対してIC端子は内部接続されているため、信号が出力される場合がある。
NC:No Connection
IC:Internal Connection

APFC 配線図