ビルメンメモ

水洗トイレの仕組み



レバーを引くとゴムフロートが浮き、タンクに溜まっていた水が便器へ流れる

浮き球が下がるとボールタップ排水口と手洗い管から水が出る

タンクの水が無くなるとゴムフロートが閉まる

タンクに水が溜まり浮き球が浮きボールタップが閉じる

ボールタップと手洗い管からの水が止まる

オーバーフロー管とは?

ゴムフロート脇には、オーバーフロー管というものがあり、便座(トイレタンク下部の排水口)につながっている。
タンクの水位が高くなりすぎたときに、排水口に水を流して、水位を低くする役割がある。

ボールタップの構造





ボールタップ自体が故障することもある。
長年の使用で劣化し、水を入れたり止めたりする機能がなくなってしまう。
浮き球を持ち上げてみて、水が止まらなければ、ボールタップが故障している可能性あり。

トイレの水が止まらない場合

止水栓を締めて水をとめる。
マイナスドライバー差し込み口がある場合、マイナスドライバーで止める。
TOPに戻る