電気工事士メモ

フル2線式リモコンスイッチとは?


2線の信号線を使用する。
±24Vの信号線2線で、スイッチと制御機器をネットワークする。
照明の集中制御、監視を行うことができる。
省設計、省施工で、主にビル等の非住宅分野で広く採用されている。
配線を替えることなく点灯範囲をカンタンに変更することができる。

ダイレクト制御とリモコン制御の違い

例えば、8回路の照明があるとする。
ダイレクト制御は、照明と電源の間にスイッチを置き、スイッチで直接100Vの電源を入・切する。
リモコン制御は、照明と電源の間にリモコンリレーを置き、スイッチはリレーに対して入切の命令を送る送信機の役割にする。

ダイレクト制御の場合


集中制御部
・入切スイッチの数:8個
・配線:各照明用への電源線8本+電源用1本

ワンショットリモコン配線(リモコン制御)


集中制御部
・リモコンスイッチの数:8個
・配線:24V信号線9本

フル2線式リモコン配線(リモコン制御)


集中制御部
・リモコンスイッチの数:8個
・配線:24V信号線2本

フル2線式リモコンの負荷アドレスとは?


フル2線式リモコンは、あらかじめスイッチに負荷アドレスを書き込んでおく。
負荷アドレスとは、文字通りその照明回路の住所のこと。
負荷アドレスとは、負荷チャンネル(丁目)と負荷ナンバー(番地)の2つで出来ている。
負荷アドレスの例は、15-1、15-2、など。15の部分がチャンネルで、後ろの1、2の部分がナンバー。
スイッチを押せば、決められたアドレスに信号を送り、該当する照明をON/OFFする。

リレー制御盤内

伝送ユニット、T/U(負荷チャンネル)、リモコンリレーの3要素で構成される。

伝送ユニット
スイッチからの信号をフル2線信号線で受け取り、T/U(負荷チャンネル)に送る。
1台で256回路まで制御可能。

T/U(負荷チャンネル)
負荷チャンネル(丁目)が設定されている。
他の負荷チャンネルにフル2線信号線で接続され、15丁目、14丁目と、丁目が振られる。
各負荷チャンネルは、各リモコンリレーに対して、AC24V配線で接続される。

リモコンリレー
負荷ナンバー(番地)が割り付けられている。
ON/OFF動作を実行する。
照明などの負荷に接続される。

フル2線式リモコンスイッチの全体構成

負荷アドレス(スイッチ部)⇒ 伝送ユニット ⇒ T/U ⇒ リモコンリレー ⇒ 照明負荷

関連ページ

TOPに戻る