でんきメモ

低圧OVGR

引用:光商工 LVG-7S(低圧電路用特注品)

低圧のOVGRというのも存在する。
変圧器の二次側が非接地だった場合、低圧回路の地絡を低圧OVGRで保護する。

太陽光発電の変圧器に非接地方式が採用される理由(予想)

落雷時の過電流でパワーコンディショナーが故障するのを守るため。
一般にPCSの電力線はアース線を必要としない非接地方式を採用している。
Tr~PCSまでの回路の地絡は低圧OVGRで検出する。

変圧器の混触防止板

混触防止板を使用する理由
・低圧電路に接地工事をすることで不都合を生じる場合
・300Vを超える低圧電路に中性点が取れない場合

高圧巻線と低圧巻線との間に金属製の板を設ける。
混触防止板には専用接地端子が必要となる。

内線規定(JEAC 1350-12)
同じ個所に2種類以上の接地工事を施す場合、接地抵抗の低い方の接地工事で兼用できる。
混触防止板とトランス外箱を共用接地でもとくに不都合がない。
なので混触防止板の接地は変圧器の外箱の接地端子と兼用する。
A種、B種、どちらかの低い接地抵抗で接地工事を行う。

混触防止板は静電的なシールドの効果がある。
高圧側より侵入するサージ電圧を小さくする効果がある。
シールド変圧器として使用される場合もある。

低圧OVGRの試験例


低圧OVGRのZPCは、低圧MCCB2次側に配置される。
MCCBを切ってから試験しないと回路に電圧が印加され感電する危険がある。

低圧OVGRと試験端子台の配置例



試験端子、U、V、Wの上流MCCBを開放させておく。
試験端子、U、V、Wを短絡させ、どれか1つに試験機側の零相電圧配線を接続。
試験端子、Eに、試験機側の零相電圧配線(E)を接続。

低圧OVGRのZPD



低圧OVGR試験時の動作電圧判定基準

保護対象の電路電圧により、基準値、下限値、上限値が異なるので注意が必要。

関連ページ

TOPに戻る