でんきメモ

KP-PRRV-CPC omron

外観


特徴
表面の下側に配線できるので受電盤の表面から継電器試験を行う事ができる。

表面


表面左上LED
検出:地絡過電圧または逆電力が動作整定値以上になった場合に点灯

CT比定率
CT比定率 = 1.2
CT比倍率 = 10
CT比 = 1.2 × 10 = 12

ディップスイッチ

50Hz/60Hz周波数設定を間違えないようにする。
2:OVGRロック解除時間(1s or 瞬時)
OVGRの動作電圧整定値をロック以外の値に設定した場合、ロック解除するまでの時間を設定。
3:2のRPRバージョン
4と5:CT比倍率

ブロック図

端子配列

a1 OVGRトリップ用接点(自動復帰)
a2 OVGRトリップ用接点(手動復帰)
c12 OVGRトリップcommon端子

a3-c3
RPRのトリップ用接点

Trpr:RPR警報用出力
Tself:自己診断異常監視用出力
Tcom:コモン端子

ロック機能
L ovgr
L rpr
L com
AC/DC110vを印加することで各要素が動作しなくなる。

Y2端子は必ず接地する。
ノイズなどの影響で計測値が不安定となる可能性。

関連ページ

TOPに戻る