でんきメモ

モールドジスコン 外観


モールドジスコンとは?

電力側6600V高圧をお客様需要設備に引き込む時に電力側キャビネット内の第三回路(お客様側回路)に取付ける。
手動ハンドルにて引き抜き or 挿入することにより、電気回路を「入」「切」することができる断路器。
モールドジスコン操作時は、下流の遮断器は開放状態にて操作を行う。

モールドジスコン 操作用工具(ハンドル)

ハンドルは、バネとフック型の穴で構成されている。 モールドジスコンにハンドルを押し込み、ハンドルフックがMDS先端の突起にひっかかり、ハンドルバネが戻ることで固定される。

モールドジスコンのタイプ

モールドジスコンには「単極型」と「三極型」がある。
1相ずつ開放・投入するタイプが「単極型」
3相いっぺんに開放・投入するタイプが「三極型」

モールドジスコン 投入・開放時の注意

モールドジスコンを引き抜いた時、ハンドルのロックからモールドジスコンが外れて落下して、モールドジスコンを割ってしまう。

モールドジスコンの入切操作時には、高圧ゴム手袋を装着して行う。


モールドジスコン、VCB、GRの組み合わせによる波及事故

モールドジスコンから構内キュービクルVCBの間のケーブルで地絡が起きた場合、構内キュービクルVCBから見て電源側(モールドジスコン側)には、電力側の保護継電器しかないので、電力側の地絡継電器が動作して、遮断器が動作し、送電が停止される。

もし最閉路されても、ケーブルでの地絡の原因は解消していないので、再度地絡を発生し、保護継電器動作、遮断器が遮断され、波及事故となる。

構内地絡事故は、高圧ケーブルの経年劣化によるものがほとんどらしいので、構内ケーブル地絡事故から波及事故への被害拡大を防止するためにも、UGS(地中線用負荷開閉器)への交換が推奨される。

高圧キャビネットの種類

二回路形(A1形)
受電した高圧系統を、そのまま送電するスイッチ機能のみを持つタイプ

三回路形
隣接需要家に高圧電路を渡ることが可能なタイプ

高圧受電では隣接需要家への渡りが原則であり、通常は三回路形が選定される。

高圧キャビネット内部には、UGSやモールドジスコンなど需要家が必要とする断路器を設置し、電力会社との責任分界点は、断路器の一次側となる。

関連リンク

TOPに戻る