でんきメモ

富士電機 ZPD-1

T-Eに電圧を印加する際、Vo整定値が5%であった場合、動作値は570V±25%である。


ZPD1次側を3相一括で印加すれば、5%整定で動作値は190Vで試験が可能。
ただし高圧母線に電圧が印加されてしまうため、ZPD1次側をDS、PC、LBS等で切り離す必要がある。

「ZPD-1」はDGR継電器「QH-DG3」に対応。

光商工 ZPC-9

T-E間の動作電圧(完全接地電圧3Voの5%整定)⇒ 570V
変成器の色⇒黒色

ZPC-9Bは、ZPC-9の3分の1の電圧で試験可能。
変成器の色⇒茶色


TOPに戻る