でんきメモ

富士電機 ZPD-1

画像引用元:富士電機 ZPD-1 取扱説明書
富士電機 ZPD-1は試験用ボックスが無い。
ZPDがいし横部分に試験用のT端子がある。
ZPD-1

V0整定値が5%の場合、T端子-E端子に電圧を印加する際、動作値は570V±25%。
富士電機FAQによれば、ZPD-1の試験端子には最大2000V印加可能(⇒該当ページ

ZPD1次側に試験電圧を3相一括にて印加すれば、5%整定で動作値は190Vで試験可能。
ただし高圧母線に電圧が印加されてしまうため、他の作業者が感電する恐れがあり危険。
ZPD1次側をDS、PC、LBS等で切り離せるようであれば、切り離す。

「ZPD-1」はDGR継電器「QH-DG3」に対応。

光商工 ZPC-9

T-E間の動作電圧(完全接地電圧3Voの5%整定)⇒ 570V
変成器の色⇒■ 黒色

ZPC-9Bは、ZPC-9の3分の1の電圧で試験可能。
変成器の色⇒■ 茶色


泰和 TAIWA ZPD-1

画像引用:泰和 ZPD-1 / ZPD-13 取扱説明書

これも光商工のZPC-9と同じく、試験用端子がZPDの本体に付いている。
対応する地絡方向継電器:SHG-M10、SHG-M20

試験内容も富士電機ZPD-1と同じ。
T端子-E端子を使用時⇒V0 5%整定で動作値570V
ZPD1次側三相一括-E端子を使用時⇒V0 5%整定で動作値190V

ZPD-13
これは回路を切り分けできるタイプ
フレームに端子台がついており配線や試験をする際に便利


関連ページ

TOPに戻る