でんきメモ

高圧絶縁抵抗測定方法の誤りによる波及事故


DC1000Vメガーで高圧回路の絶縁抵抗を測定
⇒10MΩで問題なし

ハイボルトメガ(DC6000V)で測定
⇒VCTにて絶縁不良 0Ω を確認

その他 想定できる状況

年次点検において停電後、高圧絶縁測定を行った。
DC 1000Vメガーで測定したところ、絶縁抵抗は8MΩであった。
ハイビット絶縁抵抗計(DC6000V)で測定したところ、1MΩであった。
さてこの場合、どのように対処すべきか?

結論

高圧回路の絶縁測定はDC1000VではなくDC6000V等のハイボルトメガーで測定した方が良い。
高圧絶縁抵抗測定で不良判定が出た場合、その後はどのように対処すべきか考える。

対応例
・管轄の電力会社に連絡し、状況を報告した上で、その後の対応を相談する。
TOPに戻る