でんきメモ

メガーで不具合を起こしやすい機器

電話、ファックス、パソコン、ネット通信機器、衛星放送のコンバーター
コインロッカー、自動ドア、空調機、エレベーター、動力制御盤

絶縁抵抗測定で機器が故障する理由

電子部品を使用している機器については、絶縁抵抗測定をしてはいけない。
電子機器でサージ対策が施されていない製品、寿命に近い製品、定格のディレーティング率が低く裕度が少ない場合、メガーで電圧を印加した際、故障する可能性が高い。

メガー測定は電子機器を切り離して行うのが理想だが、点検時にOA機器などコンセントが全て切り雛きれているかチェックする事は不可能。

また、電子機器の構成パーツに対して絶縁測定は必要ない。

メガーで機器を壊さないための対策方法とは?

印加電圧が50V以下のメガーを採用する方法があるが、これは技術基準には適合していない。

メガーのライン側のリード線をコイル状に巻き、電圧上昇率を抑制し、急な電圧印加によるコンデンサへの突入電流を抑制する。

MCCB2次側を3相短絡させ、各相に同電位で直流電圧を印加させる。

メガーが原因ではなく、ブレーカー開放or投入時に故障?

停電点検の場合、MCCB開放、メガー印加、MCCB投入、どのタイミングで故障したのか、知る由もない。
低圧ブレーカー開放でサージ電圧発生、機器が故障

関連ページ

TOPに戻る