でんきメモ

メガーで不具合を起こしやすい機器

絶縁抵抗測定の注意事項

電子部品を使用している機器については、絶縁抵抗測定をしてはいけない。メガーによる電子機器の損傷は、サージ対策が施されていない製品、寿命に近い製品、定格のディレーティング率が低く裕度が少ない機器にて発生する。

メガー測定は電子機器を切り離して行うのが理想だが、現実問題として点検時にOA機器が全て切り雛きれているかチェックする事は不可能。

そもそも、電子機器の構成パーツに対して絶縁測定は必要ない。

対策方法

TOPに戻る