でんきメモ

不足電圧継電器の目的

UVR 不足電圧継電器 図記号
停電と復電の際、非常用発電機を運転、停止させるため
停電の際、非常用照明を点灯させるため
電源切替器の非常系への切替のため
停電や復電の際、シーケンス制御でVCBの投入と遮断の操作を自動で行う

不足電圧継電器の整定値

■動作電圧
一般的に「80〜90V」で整定されている。

■動作時間
一般的に「1〜2秒」に整定されている。
動作時間をあまり早く整定すると電力会社の「瞬低」などで不必要動作してしまう可能性がある。

不足電圧継電器と瞬低(瞬時電圧低下)

雷が送電線や配電線Aに落ちると、電圧低下が発生し、一般的に1/000~10/1000秒の間で回復する。
しかし電圧低下が回復しなかった場合、電力会社は落雷発生時点から0.02~2秒の間で、落雷した送電線を切り離す。
電圧が低下している状態の時間のことを「瞬低」と呼ぶ。
この瞬低でUVRが動作する場合がある。

最閉路とは?

送電線(配電線を含む)に落雷などによる事故が発生すると、保護リレーが動作して事故区間が遮断器の開放により切り離される。
そして、ある一定の時間で自動的に遮断器を再投入し、切り離された送電線を再び閉じる。

■最閉路の時間
高速再閉路方式:1秒程度以内で再閉路
中速再閉路方式:1~15秒程度で再閉路
低速再閉路方式:1分程度で最閉路

不足電圧継電器は、停電した時に動作する必要がある。
なので、電源がなくなっても接点が閉になる様にしなければならない。
なのでUVRのB接点は、動作時(停電時)に閉になる様になっている。

UVR P1P2を、VCB負荷側VTから入力した場合
VCB投入で電圧確立(復電)するのでタイマーがないとVCB投入と同時にすぐトリップしてしまう。
タイマーリレーを設けてUVRが復帰するまでの間トリップさせないようにしておく(2~3s程度)

UVRのシーケンス図と線番

受電時⇒27復帰、b1-c1開路、a2-c2閉路
UVRのb接点(b1-c1回路)はVCBのトリップ用配線
UVRのa接点(a2-c2回路)はVCBの投入用配線


UVRとVCBの連動シーケンス
52Rは手動VCB、52F1は自動⇔手動切替可能
地域停電発生⇒27R動作(b1-c1閉路、a2-c2開路)⇒52F1開路
地域停電回復⇒27R復帰(b1-c1開路、a2-c2閉路)⇒52F1閉路

UVR裏面端子の例
保護継電器のP1P2はVT2次側と接続されているため端子のEにはD種接地をする。

UVR継電器の点検・試験中の事故やトラブル

OCR + UVRでOCR電圧引き外しの連動試験ができない
静止型UVRの場合、UVRの引き外し用配線(c1 or c2)だけを外す。
UVRの動作接点はVCBの引き外し回路、または投入用回路になっている。
UVRのVCB開路線を常にオープンにしておくことでVCBがUVRによって開路されない。

UVRの配線戻し忘れ、戻し間違いをすると期待していたシーケンス動作にならない。
UVRの役割は停電警報表示やVCBの自動投入・自動開放を制御する。
そのため停電・復電操作をVCB手動モードで行うと制御が正常かどうかの確認ができない。

誘導型のOCR+UVRの場合
UVRの円板を動作状態に固定してあげてテープで止めた状態でOCRの試験をする。
停電中はUVR接点が閉なのでVCBを投入してもTCで引き外されて入らないことがある。

関連ページ

TOPに戻る