でんきメモ

DSR 短絡方向継電器

DSR = Directional Short-circuit relay。
同期発電機の運用にDSRが必要で、系統側の短絡事故を検出する。
設置相数は3相を基本とし、DSRの動作で発電機側のCBを遮断する

誘導発電機の場合はDSRが不要

回転子がカゴ形のものは励磁装置がなく、接続されている系統から励磁電流をとる。
系統の短絡事故の場合、電源電圧がなくなり、励磁電流がとれないので、自動的に発電が停止する。
なので、系統に短絡電流を流さないので、DSRが必要ない。

K2ZC-K2DS-N 整定


電流:0.05-0.1-0.2-0.3-0.4-0.5(A)
電圧:80-85-90-95(V)
動作時間:0.1-0.2-0.3-0.4-0.5-0.6-0.7-0.8-0.9-1-1.5-2(秒)

定格
F:50/60Hz
V:110V
I:5A

検出相数
3相

K2ZC-K2DS-Nの動作条件

動作条件は下記3つ
1.発電機側から系統側に流れる短絡電流が整定値を上回った場合。
2.短絡電流と測定電圧の位相が動作域にはいっている場合。
3.系統短絡時に発生する系統側の不足電圧により、電圧が不足電圧整定値よりも下回った場合
(不足電圧はロックすることも可能)

逆潮流の検出にRPRとDSRの2つが必要な理由

DSRだけではなくRPRが必要な理由

ブロック図


DSRの検出方法

相電流Irに対しての位相は線間電圧Vstとの関係で検出。
系統が健全状態では、線間電圧Vsrに対し、相電流Irは90°位相が進み。
系統側で短絡が発生した場合、短絡電流Irは配線のリアクタンスの影響をうけて90度遅れ。

DSR 試験方法