でんきメモ

サーマルリレー 熱動継電器 外観

サーマルリレー 熱動継電器とは?

THR(サーマルリレー)
熱動継電器(熱動形過電流継電器)

流れる電流の大きさによりヒータが熱(I^2*R)を持ち、それに連動してバイメタルが反り、その動きを利用して接点の動作を行う。

バイメタルとは?
熱を加えると湾曲する特殊な金属のこと。
この金属の性質を利用してサーマルリレーの過負荷検出機能に使用している。

サーマルリレーは安価なため、低圧のモータやヒーター等に使われる。
サーマルリレーには、a接点、b接点があり、その接点を、三相モーターを入切する「電磁接触器」のコイルへの電路へ入れる必要がある。

サーマルリレーの単線結線図

低圧の電流計の前に取り付いている。
CT2次側配線で電流を感知する。
3.5A~3.9Aあたりで設定されていることが多い。
過負荷状態が一定時間継続すると接点が閉じる。
ブザー警報&ランプ警報に繋がっており、リセットボタンで解除となる。
サーマルリレーが電磁接触器と繋がって電磁開閉器となっていれば、負荷への回路が開放される。

回路図


補助接点
上図の右側、07-08、95-96-98の接点のこと。
主接点と連動して動作する接点。主接点より開閉容量は少ない。
信号用や自己保持回路を組む際などのシーケンス回路全般に使用される。

1100V以下 低圧変流器