でんきメモ

UPR 不足電力継電器 91Lとは?

不足電力継電器は英語でUnder Power Relay = UPR
目的は、受電端で供給電力を監視して、系統側で起きた事故を検出し、発電設備を系統から解列させる。

UPR 不足電力継電器 監視部分

電力系統側で短絡事故が起こると、受電端での供給電力が不足状態となる。
電力系統側で地絡事故が起こると、配電用変電所のDGR動作で停電になるので、供給電力が断たれる。
系統側の短絡、地絡、断線を監視する。

※逆電力においても動作する
※動作逆電力は整定値の105%動作

UPR 配線図

UPR 単線結線図

不足電力継電器の整定値

不足電力整定値
・系統連系保護では、契約電力の10%前後を検出することが多い。
・深夜の軽負荷時における供給電力よりも低い値に整定しなければならない。

動作時間整定
・瞬時電力変動で動作しないようにする
・配電用変電所のOCRと協調させる(変電所のOCRと同程度の動作時間:目安0.5s~2.0s)

不足電力継電器 試験方法

電圧は110V一定にしておく
電圧に対し電流は同相で試験をする

試験の判定基準

動作不足電力:整定値の105±5%
動作時間:整定値±10%(最小誤差±50ms)