でんきメモ

LBS 外観



LBS 高圧交流負荷開閉器とは?

LBS (Load Break Switch)
三相一括で開閉する。
アークシュートでアーク消弧されるため、負荷電流を遮断できる。
継電器を使用して連携遮断ができる。

VCB・LBS・PCによる変圧器容量の違い

変圧器保護用
VCB:500[KVA]を超える
LBS:500[KVA]以下
PC:300[KVA]以下

ストライカ(動作表示装置)引き外し式

LBSに短絡電流が流れると、ヒューズが溶断し、溶断表示棒が飛び出す。
この際、トリップレバー(ヒューズ下の金属プレート)を押し出し、ラッチが動作する。
ヒューズ溶断と同時に三相すべてが開放されるので、欠相運転を防止することが出来る。

LBS 遮断電流

定格遮断電流:200[A] ✕ 200回
定格遮断容量を間違えると、電流が遮断できずにアークが発生、遮断器の焼損、相関短絡に至る場合もある。
発生したアークが、他の導体と接触することで、短絡事故となる。

LBS 開閉可能・開閉不可能の条件

通常負荷(定格負荷):遮断可能
過負荷電流・短絡電流:遮断不可(PFヒューズで遮断)

LBS 配線図


LBS 補助スイッチ・トリップコイル端子台



Aux:補助開閉器
auxiliary = 補助・アシスタント

LBS開放状態の場合、引外し回路スイッチも開放されるので、トリップコイルは励磁されず焼損しない。
フック棒で本体を投入側に押えたまま切指令が継続すると開路せず連続通電となりコイルが焼損する。
また、LBSが投入状態で安全ピンがついたままの状態でトリップコイルが励磁されるとコイルが焼損する。

LBSの開閉寿命・更新推奨時期

電気的開閉寿命:200回
機械的開閉寿命:1000回
多頻度の開閉箇所には適さない

更新推奨時期(使用開始後)
高圧交流負荷開閉器:15年 または負荷電流開閉回数 200回
高圧限流ヒューズ:15年

LBSの汚損・不具合・絶縁不良

LBSは空気中に露出しているため、粉塵(ふんじん)付着、通電部のグリース枯渇・固着で接触不良が起こり加熱の原因となる。
LBSの絶縁部が汚損した状態で吸湿すると絶縁が低下し、地絡事故や相間短絡事故を起こすことがある。

エポキシ樹脂製のサポートやストライカーリンクの絶縁劣化は、ヒビ割れ、湿気侵入、トラッキングなど。
この場合、洗浄や補修などで性能が回復するのは不可能。

LBS 補助接点

補助接点は以下の2つで構成される
・アークシュート(消弧室)
・アークブレード(金属の刃のような形)

LBSの開放は、主接点が外れた後に、補助接点が開放される。
この時、補助接点にアークが発生するが、補助接点のアークブレードは、アークシュートの作用で消滅する。

アークシュート(消弧室)の効果
消弧室の細隙効果と冷却効果により、アークが消滅。

LBSを通電中に開放すると?

変圧器2次側の負荷に電源を供給した状態でLBSを開放する場合、アークが発生する。
音、光、熱を発するが、これはアークシュートにより消弧される。
変圧器以降のMCCBをすべて開放し、負荷への供給をストップした状態であれば、アークは最小限に抑えられる。
ただし通電状態でコンデンサ上のLBSを開放する場合、コンデンサには電流が流れているので、アークが発生する。

関連リンク

TOPに戻る