でんきメモ

PF-S形とは?

PF-S形とは、主遮断装置に高圧限流ヒューズ(PF)と高圧交流負荷開閉器(LBS)を用いたもの。
受電設備容量300kVA以下の場合に用いられる。
遮断装置が簡素なため金属箱(キュービクル)を小型化しやすい。

PF-S形の保護方法

地絡事故に対しては地絡継電器の動作によりLBSをトリップさせる。
短絡事故に対してはPFが溶断することにより保護している。
変圧器2次側の短絡事故の場合も、PFが溶断することにより保護する。

高圧側で過負荷保護する場合、PFは最少遮断電流以上でないと動作しない。
小容量受電設備の場合、変圧器の過負荷はMCCB(配線用遮断機)で保護する。
また、サーマルリレーや油温継電器で警報発砲ができる。

PF-S形のメリット

装置が簡単で安価なため、小規模の受電設備に多く使用されている。

PF-S形のデメリット

負荷設備に高圧電動機がある場合には採用できない。
過負荷保護には適さない。
TOPに戻る