でんきメモ

出迎え方式とは?

電力会社の電柱に、電力会社がPASを設置する。
そのPASの二次側に、需要家のケーブルを接続する。
責任分界点は、PAS2次側のリード線と需要家側ケーブル接続部。
接続点の接続工事は、電力会社が行う。

理由
・需要家側に電柱を立てる場所がない
・需要家側が1号柱とPASの予算を削りたいから?
・関西電力管内のみ許される工事らしい(ネット調べ)

通常の高圧配電線の引き込み方法とは?

需要家構内に需要家が電柱を立ててPASを設置する。
そのPASに対して、電力会社が架空配電線を接続する。
責任分界点はPASの配電線側(1次側)接続点となる。

出迎え方式の波及事故

事故例1
工事業者が地面コンクリートのコア抜き作業を実施した。
そのとき、地中に埋設していた配管及び受電用高圧引込みケーブルを損傷させて、地絡発生。
出迎え方式で、電力側PASから需要家キュービクルまでの間のケーブルは保護されないため、波及事故。

事故例2
受電用高圧引込みケーブルの自然劣化による絶縁低下により地絡発生。
出迎え方式で保護範囲外のため波及事故となった。

事故例3
電気室内に侵入したヤモリが断路器2次側充電部に接触し、相間短絡が発生。
出迎え方式で保護範囲外のため波及事故となった。

新設時、出迎え方式を選ぶことは可能?

新設の場合でも、敷地内に引込柱を建てられない場合には、電力開閉器による出迎え方式がとられる。
ただしその場合、負担金もかかり、電力承認が無いと停電操作ができないので、年次点検等は手間が増える。

PAS出迎え方式の地絡保護


出迎え方式の場合、責任分界点はPAS2次側のリード線と需要家側ケーブル接続部となる。
PAS2次からVCB1次までの高圧ケーブルで地絡事故が起きた場合、モールドジスコンと同じ状況。
地絡発生⇒電力側GR動作で遮断器開放⇒最閉路⇒再度同じ場所で地絡発生⇒再々閉路で波及事故。

中部地方は電力側PASにGRがついているらしい。
しかし中部地方もこれからGRは廃止していくらしい。

関連ページ

TOPに戻る