でんきメモ

絶縁耐力試験(耐電圧試験)

高圧ケーブルや受電設備機器が、規定された直流もしくは交流電圧を印加したとき、絶縁破壊を起こすかどうかで絶縁強度を測定する試験のこと。

絶縁耐力試験の印加電圧

最大使用電圧が7,000V以下の場合
試験電圧は「最大使用電圧 × 1.5倍の電圧」

最大使用電圧とは?
機器の接続される配電線路の変圧器の送り出し側の最高タップ電圧のこと

公称配電電圧が6600V系統の場合
最大使用電圧 6900V ✕ 1.5 = 10350V

絶縁耐力試験の印加時間は10分間

高圧ケーブルやコンデンサ等の充電電流の計算

絶縁耐力試験を行う前に、被試験物(高圧ケーブル、コンデンサ、変圧器など)は、静電容量(C)を測定する。
PAS、UGS、DS、VCB、LBS、PC等、すべて投入状態を確認した上で、対地静電容量を測定する。
その際、3相すべてを導電性のある銅線等で短絡させておく。
静電容量の測定は、静電容量測定機能を持つテスター等を使用する。
静電容量値から耐圧試験時に被試験物に流れる電流を計算にて算出する。

充電電流の値が大きい場合、耐電圧試験用リアクトルを使用して充電電流を打ち消して、耐圧用変圧器や試験機への負担を減らす。

3相短絡させていない事によるVT焼損

PAS LA内蔵型の注意

PASのSOG制御装置 耐圧試験前処置

継電器DGRの絶縁耐力試験

ZPD(零相電圧検出器)からのY1Y2線がDGR継電器に取り付いている状態で主回路の絶縁耐力試験を行う場合。
この場合、継電器に想定以上の零相電圧が印可されて継電器が破損する可能性がある。
DGR継電器側のY1とY2端子の結線を外し、ZPDと継電器を分離した方が安全。

ステンレス製のSOG制御装置ボックスの接地

開閉器の接地方式が一点接地の場合、ステンレス製のSOG制御装置ボックスは、5.5㎟以上の接地線でD種接地。
または、PAS筐体のA種接地と共用接地でも可。

耐電圧試験中に試験機がストップ!「抜ける」とは?

10分間の絶縁耐力試験中に、急に試験機がストップしてしまう現象。

高圧CVケーブルなどに傷があり、被試験物に印加された高電圧が、その絶縁不良箇所から放電して大電流が流れることで、試験機の保護回路が働き、試験機がストップする。
TOPに戻る