でんきメモ

3相短絡させていない事によるVT焼損

PASやUGSの「VT内蔵タイプ」は、3相のうち2相が内蔵VTの1次側に配線されている。
内蔵VT1次側の1相のみに電圧を印加すると、静電容量分の充電電流が流れてしまう。
内蔵VTの容量は25VA程度、一次定格電流は3.8mA程度である。
内蔵VTに定格以上の電流が流れることでVTが焼損し、極度の絶縁低下や短絡が発生する。
内蔵VTの焼損に気づかずPAS投入し、焼損VTによる高圧部の相間短絡でPASが爆発した例もある。

LA内蔵型PASの耐圧試験上の注意

直流耐電圧試験はDC17kV以上を印加すると避雷器が動作し壊れてしまう。
商用周波耐電圧試験はAC12kV以上を印加すると避雷器が動作し壊れてしまう。
耐圧試験器が容量不足を起こすと、出力電圧が歪み、波高値が異常に高くなることがある。

SOG制御装置内部には雷害対策のためSA(避雷器)がついている。
各端子間に電圧が印加されるとSAや電子部品が故障する可能性がある。

■PASのSOG制御装置の耐圧試験前処置
SOG制御装置についている配線は外す。
制御線P1P2は、各々テーピングで絶縁する。
他の制御ケーブルは、一括で接地をする。

地絡方向継電器DGRの絶縁耐力試験

ZPD(零相電圧検出器)からのY1Y2線がDGR継電器に取り付いている状態で主回路の絶縁耐力試験を行う場合。
この場合、継電器に想定以上の零相電圧が印可されて継電器が破損する可能性がある。
DGR継電器側のY1とY2端子の結線を外し、ZPDと継電器を分離した方が安全。
(ただ、実際の現場で耐圧試験を行う際にそこまで処置しているかどうかは不明)

耐電圧試験中に試験機がストップ!「抜ける」とは?

10分間の絶縁耐力試験中に、急に試験機がストップしてしまう現象。

高圧CVケーブルなどに傷があり、被試験物に印加された高電圧が、その絶縁不良箇所から放電して大電流が流れることで、試験機の保護回路が働き、試験機がストップする。

関連ページ

TOPに戻る