でんきメモ

クランプメーター 漏れ電流測定


絶縁不良箇所の探査方法


①B種接地線で測定することで、変圧器2次側以降の漏れ電流全体を測定できる。
②三相一括で、変圧器2次側の上流から下流に向かって段階的に探査していく。

フィルタ機能

スイッチング電源やインバータ機器の場合、漏れ電流波形に高周波成分が重畳(ちょうじょう)
そこでフィルタ機能を使用すると、不要な高周波成分が除去される。

フィルタ機能有効時の周波数帯域は180Hz(-3dB)
これは一般的な漏電ブレーカー周波数帯域と同等

クランプメーター測定の注意

フィルタ機能は高周波をカットするだけで、静電容量成分I0cはカットできない。
抵抗成分Iorのみ測定したい場合、専用の測定器が必要になる。

Ior測定機器 クランプリーカー

3線一括で挟めない場合の対処法

通常、クランプメーターで3線一括で測る場合、R相 + S相 + T相 = 漏れ電流である。

まず、R相 + S相で測る・・・①
続いて、T相単独で測る・・・②
① - ②の値が漏れ電流の値となる。

幹線が太くで一括で測れない場合は、こうやって分割して測る。

※注意点
クランプメーターの測定値として現れるのは正の実効値である。
漏洩電流が0mAだった場合でも、測定方法によっては誤差が出てしまう事もある。
TOPに戻る