でんきメモ

VCBチェッカーとは?

VCB(真空遮断器)は、電路の電流を真空バルブによって遮断する。
真空度が大気圧に近づくと、絶縁破壊する電圧が下がり、電気事故時に十分な遮断ができない。
また、遮断器そのものが絶縁破壊する可能性もある。

VCBチェッカー 操作部分



VCBの真空度チェック方法

真空バルブの極間を開いた状態で、固定接点と可動接点間に電圧を印加する。
漏れ電流の量が、判定基準を上回れば不良、下回れば遮断器は健全であると判定する。
3相同時に試験するのではなく、1相ずつ試験を行う。

判定基準

不良ランプ
タイマーで設定した時間中に電流が10mAを越えた場合に点灯する。

良ランプ
タイマーで設定した時間中に電流が10mAを越えなかった場合に点灯する。

印加時間
1分間

印加電圧
一般的に22kVを印加、漏れ電流の目安は4~5mA以下
(メーカーにより基準が違う場合あり、試験前に調査)

その他

定格容量は100VAと、容量は少ない。
VCBを他回路から切り離し「切」の状態にする。

最大11kV出力したい場合
U端子とE端子をVCBの1次側と2次側に接続する。

最大22kV出力したい場合
U端子とV端子をVCBの1次側と2次側に接続する。
TOPに戻る