でんきメモ

漏電ブレーカーとは?

漏電ブレーカーの英語表記
ELB = Earth Leakage Breaker
ELCB = Earth Leakage Circuit Breaker
2種類の表現があるが、どちらも同じ「漏電ブレーカ」

漏電を検知するとブレーカーが落ちる。
人が復旧させなければならない。

感度電流と動作時間

グラフ:漏電引きはずし特性曲線
横軸:地絡電流(定格感度電流に対する%)
縦軸:動作時間

定格不動作電流
地絡電流や漏洩電流があっても漏電トリップしない電流値のこと。
漏電遮断器(JIS C 8201-2-2)
定格漏電不動作電流I△noとして規定され、定格感度電流I△nの50%の値。

高速形の場合
地絡電流が100%:0.1sで動作
地絡電流が500%以上:0.04sで動作

漏電引きはずし特性の種類

・高速形
・時延形
・反限時形

注意:逆接続しない

電源側と負荷側を逆に接続しないこと。
電源側と負荷側を表示しているNVは、内部の電磁装置が短時間定格のため、電源側と負荷側を逆に接続すると、トリップしたのちにも電圧印加が継続して、電磁装置を焼損させる場合がある。

漏電遮断器のD種接地工事


漏電遮断器を動作させるためには、漏電電流を接地に流さなければならない。
接地があることで、漏電遮断器が正常に動作し、感電事故を未然に防ぐことができる。
漏電遮断器と接地、両方が健全であることで、初めて安全が保たれる。

ELBのD種接地はMCCBと共通にしてはならない

D種接地工事は、漏電遮断器で保護されている回路と、保護されていない回路を、同一系統にしてはならない。
漏電遮断器で保護されていない回路にて漏電が発生すると、漏洩電流が接地線を伝わり、漏電遮断器で保護されていない回路すべての機器のフレームの電位を上昇させる。
この時、事故電流は漏電遮断器を経由しないため、漏洩状態が継続したまま遮断されることがない。


人体の接触点で地絡が起きた場合、負荷Bの接触電圧VEは、

VE = {RD/(RB + RD)}*電源電圧(200V)
RB=B種接地抵抗
RD=D種接地抵抗

関連ページ

TOPに戻る