でんきメモ

間欠漏電

定常的な漏れ電流の場合
・漏電ブレーカー動作
・漏電警報機鳴動
・漏れ電流用クランプ電流計で測定
・分電盤の分岐回路まですぐに追い込むことができる。
・クランプで個別に測る、ブレーカーを切って絶縁抵抗を測定する、など。

間欠漏電の場合
・瞬間的にしか漏電しない。
・現場に急行して測定しても、漏れ電流はなく全くの正常な状態。
・ブレーカーを切って絶縁抵抗を測定しても、漏電はなく、正常な回路。

間欠漏電の測定方法

瞬間的な漏れ電流を逃さず検知する必要がある。
測定サンプリングが早いロガーを使用する。
または最大値を記録できるロガーを使用する。

間欠漏電の原因

・機械や人が動いたときなど、様々な原因がある。
・従業員が床のコードを踏んだ時。
・雨が降った時。

製品例

HIOKI ACリーククランプメータ CM4001 0.6mA~600A コンパレータ機能付

関連ページ

TOPに戻る