でんきメモ

Igr方式とは?


電路に対し、数ボルトの微弱な低周波監視電圧を注入し、静電容量による電流を取り除き、精度の高い絶縁抵抗電流の測定を行う。

この方式では、中性線を含めた全電路の監視ができるため、より安全性が高い監視が可能となる。

Igr方式の絶縁状態監視装置を採用した電路で、負荷設備の稼働状況により、強いノイズが発生するような電路の場合、Igr方式の重畳信号や検出信号に影響を与えてしまい、正常に絶縁監視を行えなくなることがある。