でんきメモ

VTT、UVR、VCB制御電源の取り付け位置

現場によっては、VTT(試験用端子)の位置が若干違うことがある。
計器用変圧器2次側の下にVTTがある場合と、計器用変圧器2次側のすぐ下にUVR、制御電源MCCBがあり、さらにその下にVTTがある場合の2種類。 これは一体、どちらが正しいのだろう?

考察

VTTとは、Voltage Testing Teminalsの略。
計器用変圧器(VT = Voltage Transformer)の電圧試験用端子のこと。

指示較正や試験作業の簡略化に使う。
計器や継電器を接続した状態で、指示較正や試験が行えるため、作業が大幅に省力化される。

停電中の場合

VTTを挿して回路を上下で切り分けると、VTT2次側に電圧を印加すれば、電圧計の較正ができる。
VTT2次にUVRや制御電源MCCBがある場合、VTT2次に電圧を印加することでUVRの試験ができる。
VTT1次にUVRや制御電源MCCBがある場合、VTT1次に電圧を印加するのはVT逆昇圧の可能性があり危険。
なのでVTTを使用してUVRの試験は行わず、UVR裏面の端子から配線を外して端子に直接電圧を印加する。

受電中の場合

受電中の場合、VTを通ってVTT、電圧計まで電圧が来ていることになる。
受電状態において、VTTを挿して上下を切り分けたらどうなるだろうか?
VTTの1次側にUVRや制御電源がある場合、VTTを挿してもUVRや制御電源には何も問題は起こらない。
VTTの2次側にUVRや制御電源がある場合、VTTを挿すと無電圧になりUVRは動作し制御電源は無電圧になる。