でんきメモ

OCRとリセットスイッチのシーケンス


OCR動作時
OCR a接点が閉路によりOL点灯 AND 51Xリレー動作により51X閉路で自己保持回路形成

リセットボタンON時
RESET SW b接点をボタンを押して開路
51Xリレー停止により51X接点が開路、自己保持終了、OL消灯。

OCRとリセットスイッチの構成

30X(機器状態表示・故障表示装置)がリレーON状態ではVCBの投入ができない。
リセットボタンONで自己保持解除、30XをOFFにしたあと、CS入操作にてVCB投入可能。
89Xリレーがあることで、DS入状態でなければVCBの投入操作ができない(インターロック)
逆にVCB切には何も制限がないのでCS切操作でVCB遮断可能。


30X(機器状態表示・故障表示装置)

30X(機器状態表示・故障表示装置)リレーON状態ではVCBの投入ができない。
リセットボタンで自己保持解除、30XをOFF、CSを入操作でVCB投入可能。


OCRやDGRとVCBシーケンス制御



VCB切回路はOCRやDGRが動作することでもVCBが遮断される。

ただし、
・制御電源がOFF
・直流電源盤よりDC電圧が正しく供給されていない
・保護継電器の内部接点端子に動作不具合
・保護継電器の端子から離線された状態

この場合は継電器が動作してもVCBは遮断されない。

VCBフィーダーと受電盤UVRのシーケンス制御

VCBフィーダーF1と受電盤UVR動作によるF1 51遮断までの展開図


①受電盤27Rが停電にて27XRリレー動作
②F1のCOSが「自動」選択状態かつF1の52が入状態でF1の5Tリレー動作
③5Tタイマー設定時間経過によりF1 5Xリレーが動作
④F1 5Xリレー動作によりF1 52 開放
TOPに戻る