でんきメモ

三相4線式 230v/400vとは?


変圧器の中性点から1線(中性線)を引き出し、電圧線の3線と中性線との4線で送電する方式。
単相負荷と三相負荷が混在する場合に用いる。
公称電圧:240/415V
負荷定格電圧:230/400v

400V配電は、工場や大形ビルなどの動力負荷の大きい所に採用される。
電灯用には230v、動力用には三相400vで供給する。
100v回路には、230/100v、または、400/100vの二巻線または単巻の降圧トランスを用いて給電する。

400Vにするメリット

400Vという高い電圧にすると電流を減らすことが出来る。
電流による抵抗損と電圧降下が減る。
効率よく電力を使用することが出来て、電気代を減らすことができる。

ジュールの法則
導線に電流を通したとき、一定時間に発生する熱量は電気抵抗および電流の強さの2乗に比例するという法則
発熱量 W = I^2 * R
発熱量 W = V * I

V結線とは?

単相変圧器2台によって三相変圧を行う結線方式の事。

異容量V結線(灯動共用4線式)

異容量V結線の三相4線式 V-V結線
共用変圧器の方の容量を大きくするので「異容量」と呼ばれる。
・100/200v単相3線式の部分で単相負荷に給電
・200V三相3線式の部分で三相200V負荷に給電

400V回路の接地

■C種接地
300Vを超える低圧電気機械器具の金属製外箱や金属管などに施す接地工事。
高圧太陽光発電設備においてパネル躯体やパネルを支える構造体にC種接地が施されている。

TOPに戻る