でんきメモ

地絡継電器 判定基準


■動作電流値
整定値の±10%であること
例:0.2A整定の場合、0.18A~0.22Aの範囲で動作すること。

■0Aから整定値の130%[A]を流した場合
整定が瞬時の場合
ー(判定基準なし)

整定が0.2sの場合
0.1~0.3sで動作すること。

■0Aから整定値の400%[A]を流した場合
瞬時の場合、0.75s以下であること
0.2sの場合、0.1~0.2sであること

GR継電器動作+VCB開極時間 判定基準

遮断器の開極時間の判定は、GR単体試験の判定基準内であること。
例:0.2s、0.2A整定の場合、0[A]⇒130%[A]試験で、0.1~0.3sで動作すること。
VCBの遮断時間は3サイクル(50Hzの場合、3÷50 = 0.06s)
VCB遮断時間=遮断器のトリップコイルが励磁~アークが消弧するまで

GR継電器動作+LBS開極時間 判定基準

遮断器の開極時間の判定は、GR単体試験の判定基準内であること。
例:0.2s、0.2A整定の場合、0[A]⇒130%[A]試験で、0.1~0.3sで動作すること。
TOPに戻る