でんきメモ

ケーブルのノイズ対策

ノイズは、ケーブルの種類、ケーブル長さ、信号の大きさ、周波数など、その他多くの要素が複雑に影響しあって、システムのトラブルとなる。
なので、ケーブルのノイズ対策だけで、ノイズに関するトラブルを完全に防止するのは、非常に困難。

静電しゃへい

静電誘導・不要輻射(ふくしゃ)などによる外来ノイズ対策。
銅やアルミなどの金属テープや銅線編組でケーブルをしゃへいすることで軽減できる。

輻射(ふくしゃ)とは、現代では放射という言葉の方が主流。
意味は電磁波を放出すること。または放出された電磁波や粒子線の総称のこと。
不要輻射=要らない電磁波や粒子線のこと、無線の世界では「不必要な電波」の意味。


接地は、1点接地をする。
接地を施さなかったり、両端接地すると、しゃへい効果が著しく減少したり、かえって誘導を拾ったりすることになる。
接地抵抗値が小さいほど、しゃへい効果は大きくなる。
アナログ入力信号は、電流信号を電圧信号に変換するコンピュータ側で接地する。

ZPDの耐ノイズ・耐電波


TOPに戻る