でんきメモ

KIP線





日本語表記
機器用高圧ポリエチレン絶縁電線

英語表記
機器用 wire Insulate by Polyethylene

キュービクル受変電設備の、高圧電線路として利用される。
可とう性が高く、耐熱性もあり、高温になりやすい配電盤内配線に適している。

導体部分は「すずメッキ」でそれを覆うように、EPゴム(エチレンプロピレンゴム)を絶縁体としている。
また、中にはセパレーター(半導電層)が設けられている。

EPゴムは、耐熱性、耐寒性に優れ、老化、オゾン、紫外線などにも耐性が高い。
トラッキング性能も高く、汚損にも強い。

※トラッキング
絶縁物の表面に、何らかの原因により形成される炭化物が導電路ができること。

しかし、ガソリンやベンゼン、鉱油、有機酸を含む溶剤などに対する耐性が低い。

KIP電線は、ケーブルではなく、絶縁体を覆う被覆が存在しない絶縁電線である。
ケーブル工事としての敷設は禁止されている。

KIP電線と感電

KIP線は、充電時に静電誘導による電圧が絶縁体外部に生じるため、触ると感電する。
高圧CVTケーブルは、ケーブル内部の金属遮蔽層を端末部で接地し、ケーブル周囲を0v電位にする。
そのため、絶縁体外部に電圧がかからず、感電を防ぐことができる。

KIPの支持

公称電圧 6.6kV 以下の高圧受電設備などに用いる電線支持物

関連ページ