でんきメモ

太陽光パネルの絶縁抵抗測定方法

HIOKI IR4053
太陽光パネル用 絶縁抵抗計

従来の絶縁抵抗計で測定する場合、絶縁が悪い場合、正確な測定ができない。
その対策としてPVのP相とN相を短絡させる測定方法がある。
しかし短絡用開閉器が必要となり、また手順を誤るとアークが発生する危険性もある。
また、短絡させないで測定をすると、発電中PVの影響を受けてしまう。

太陽電池パネルは日中、常に発電している。
従来の絶縁抵抗計では、PVからの発電電圧が、絶縁抵抗測定の値に影響を与える。
また絶縁抵抗計に電圧が印加され、メガーを破損する可能性がある。
絶縁が悪い状態でN相を測定すると、モジュールやバイパスダイオードを破損する恐れがある。

PVメガーは太陽電池パネルが発電中でもP相とN相を短絡させずに測定が可能。
PVメガーは絶縁劣化箇所に左右されずに正確に測定することができる。

太陽光パネルの絶縁抵抗測定方法

接続箱の主開閉器をOFFにしてパワーコンディショナーとの接続を切る。
すべてのストリングの断路器をOFFにする。
測定回路に避雷器がある場合は避雷器を回路から切り離す。
TOPに戻る