でんきメモ

omron RPR「K2ZC-K2WR-NR」

種類
・K2ZC-K2WR-NR = 三相平衡用(へいこう)
・K2ZC-K2WR-NS = 単相用

通常配線例
VT2次側 P1-P2-P3 ⇒ RPR P1-P2-P3
CT2次側 R相k ⇒ A ⇒ RPR C2S
CT2次側 R相l ⇒ RPR C1S
制御電源 ⇒ RPR S1-S2

外観
・電源ランプ(左上・緑色)
・逆電力検出ランプ(右上・オレンジ色)
・動作表示ランプ(左下・赤色)
・定格電力 953W (√3 × 110V × 5A)
・50Hz/60Hzの切り替えスイッチは無い

CTの設置場所と個数

CT1個
S相に設置し、CTのk側がC1S、l側がC2S
S相CT(k)⇒C1S⇒C2S⇒S相CT(l)

CT2個
R相とT相の逆相をとってS相電流を検出する配線
OCR等のCTと共用する場合に便利な配線
R相CT(k)⇒A(R)⇒A(S)⇒C2S⇒C1S⇒R相CT(l)
T相CT(k)⇒A(T)⇒A(S)⇒C2S⇒C1S⇒T相CT(l)

系統側停電後、逆潮流があり充電による危険性を考えた場合、1秒以下が望ましい。

パワースイングとは?
発電機を並列投入した時に発生する電力動揺のこと。
これでRPRが不必要動作しない時間の整定が必要。
系統、容量、回転制御の応答時間によって変化するが0.5秒~数秒間らしい。

RPR K2ZC-K2WR-NR 試験方法

電圧
P1とP3をジャンパー線で短絡
P1P3にV、P2にEを接続して試験電圧110Vを印加

電流
RPR端子のC1SとC2Sに電流を流す
位相は(P1-P3)に対してC1S、P2に対してC2Sが同位相となるように

試験方法
印加電圧は一定のまま電流を徐々に流したりすることでRPR動作値を読む。

逆電力整定値から試験電流を求める表


試験前の確認
・メーカーが用意した表から、逆電力整定値を元に、動作電流値(一番右側)を取得
・位相±30度の時の動作電流の理想値を求める(動作電流値 ✕ 1.15)

最小動作電流試験
動作時間タップ値を最小に変更⇒ 0.1s
電圧⇒110V 電流⇒0mA 位相⇒0度に整定。
電流を徐々に上昇させるとRPRが動作する、その時の電流値。
判定基準:表から動作電流(A)(×0.95)を取得して、その±5%以内

位相特性電流試験
電圧⇒110V 電流⇒0mA 時間タップ値⇒0.1s
進み:位相⇒進み(LEAD)30度で整定し徐々に電流を上昇し測定。
遅れ:位相⇒遅れ(LEAD)30度で整定し徐々に電流を上昇し測定。
判定基準:表から取得した動作電流(A)(×0.95)の±30%以内

動作時間試験
動作時間タップを元に戻す。
電圧⇒110V 位相⇒0度に整定。
電流を0%から105%に急変して測定する。
(表から取得した動作電流(A)(×0.95) × 105%)
判定基準は、整定値の±10%(最少誤差±50ms)

関連ページ

TOPに戻る