でんきメモ

三菱RPR CRV1-A01 機能

RUN表示LED(左上)
常時監視結果を表示。正常で点灯、異常で消灯。

監視異常設定スイッチと周波数切替スイッチ(左上)

監視異常保持
ディップスイッチでON・OFF
監視異常接点を保持するか、保持しないかを選択。

周波数
ディップスイッチで50Hz・60Hz
工場出荷時の設定は 60Hz設定になっている

三菱RPR CRV1-A01 配線図



強制動作

強制動作
・選択スイッチ(回すタイプの表示つまみ)で「強制動作」を選択。
・「動作時間整定」より長い時間、強制動作ボタンを押しつづける。
・すると各要素を個別に強制動作させることができる。
(強制動作ボタンを押している間は動作し続ける)

※注意
以下の場合は強制動作ボタンを押してもリレーは動作しない。
・動作電圧(OVGR)、動作電力(RPR)整定を「ロック」に設定している場合。
・リレーロックD/Iを入力している場合。
・選択スイッチで強制動作以外を設定している場合

検出例

A相検出:1CT(A相)V(AC)
B相検出:2CT(A相・C相)V(BA)

CTの取り付け位置、VT2次側の配線に注意

RPR 逆電力継電器 試験方法

※これは個人のメモ書きです。
正しい情報はメーカー取扱説明書を御覧ください。

三菱RPR CRV1-A01

17(+)・18端子に電圧を印加(定格AC110V)
19(+)・20端子に電圧と同位相で電流を流す
13・14に信号線を取り付ける。

商用電源⇒CT⇒OCR⇒RPRの電流配線は20⇒19となっている。
CTT2次R相⇒OCR⇒メーター⇒RPR[20]⇒RPR[19]⇒CTT2次側com相
RPRは19⇒20に向かって電圧と同位相の電流が流れたときに動作する。

電圧印加はVTT2次側から
V(R相-T相) = 110V

最小動作電流値の計測
・動作時間=0.1s
・V=110V固定
・位相⇒最大感度角(進み30)
・電流を0Aから徐々に上げる。

動作時間測定
・V=110V固定
・動作時間=整定値
・位相=最大感度角(進み30)
・電流を整定値200%⇒0A

位相試験
・V=110V固定
・動作時間=0.1s
・電流=整定値200%
・位相 0⇒進み方向
・位相 0⇒遅れ方向
・許容値:同位相の入力電圧Vに対して 遅れ30°±5° 進み90°±5°

注意点
・動作時間の戻し忘れ
・動作表示LEDの復帰忘れ

関連ページ

TOPに戻る