でんきメモ

周波数とは?

周波数とは、1秒間に流れる電気が変化する回数のこと。
交流の電気は、定期的にプラスとマイナスが何度も入れ替わる。
電流の向きは交互になる。

乾電池やバッテリーに使われる電気が「直流」
電力会社から供給される電気は「交流」

周波数の境目

日本には、地域によって「50Hz」と「60Hz」という2種類の周波数が存在する。
おおまかに、東日本が50Hz、西日本が60Hz
静岡県の富士川と新潟県の糸魚川あたりが境目となっている。

なぜ日本には50Hzと60Hzの2つがあるのか?

明治時代、発電機を外国から輸入する際、東京と大阪の発電所がそれぞれ異なる発電機を導入した。
東京はドイツから50Hzの周波数を持つ発電機を、大阪はアメリカから60Hzの周波数を持つ発電機を取り入れた。
それから何度も周波数を統一しようという試みがあった。
しかしそれが叶わず、現在でも関東が50Hz、関西が60Hzという周波数になっている。

供給電力会社 周波数別

50Hz
北海道電力・東北電力・東京電力

60Hz
中部電力・北陸電力・関西電力・四国電力・中国電力・九州電力・沖縄電力

50Hz、60Hz、混合
中部電力

周波数の違いによる電化製品の影響

50Hzもしくは60Hzを基準として作られている電化製品を、異なる周波数の状況下で使用した場合

・モーターの回転数が変わって性能が低下
・過剰に働いて火災の原因となる
・電化製品が痛み、故障を早めてしまう可能性もある。

波数に関係なくそのまま使用できる機器の例

・エアコン・テレビ・パソコン・こたつ・温水器・電気ストーブ
・モーターの周波数を適切に変えて回転数を調整する「インバーター」が内蔵されている、ヘルツフリー製品

■使用可能だが多少性能が落ちる可能性のある電化製品
掃除機・扇風機・ミキサー・ドライヤー

■周波数の確認が必要な電化製品
洗濯機や乾燥機・冷蔵庫・電子レンジ・蛍光灯(インバーター内蔵ならOK)

※電子レンジや蛍光灯は未だに50Hzもしくは60Hz専用のものが多い。