でんきメモ

正相と逆相とは?

三相交流はR相、S相、T相で表し、各相の順番のことを、相回転あるいは相順と呼ぶ。
R、S、Tの各相は、120度の位相差がある。
R相を基準としたとき、S相は120度遅れ、T相はR相より240度遅れている。
三相交流回路の相回転が逆になると、三相誘導電動機は逆回転になる。

三相交流回路とは?

電流または電圧の位相を120°ずつずらした、3系統の単相交流を組み合わせた回路のこと。

正相と逆相のモーター回転方向

日本のJIS規格によると「軸の反対方向から見て時計方向を正回転とする」とされている。
正相と逆相のモーター回転方向。

逆相のデメリット

電動機を逆回転させることを想定していない設計の場合、逆相にすると、大きな抵抗が発生したり、冷却機能が損なわれるなど、異常加熱や焼損の原因となる。

逆相電流

発電機から不平衡負荷への電源供給を行うと、回転子磁界と逆方向に流れる電流のこと。
逆相電流が過大になると、発電機が異常振動したり、固定子が発熱して故障する可能性がある。
逆方向の電流によって有効なトルクが減少するため、効率や出力そのものの低下につながる。

検相器

相回転はモーターの回転に影響する。
正相なら正回転、逆相なら逆回転をする。
逆相で動作をさせると故障する機器もある。

逆相を防ぐ 逆相リレー


逆相結線によるモーターの逆回転を防止するため逆相リレー(逆転防止リレー)を設置する。
逆走状態での起動スイッチの動作を抑制する制御が必要となる。
逆相状態では、MC(マグネットコンタクタ)が動作せず、モーターが始動できず、安全装置として機能する。
3本の電源線の逆接続異常を検出し、コンタクタ投入を防止することで、モータの逆回転動作を防止する。

電線の識別標識

電力会社側と需要家側で、R相、S相、T相の色順が違っていることがある。
PAS交換工事などで接続を間違うと逆相となり電気機器の故障につながる。

相回転の確認作業

UGS、PAS等の受電設備の更新の際は、正相と逆相に注意する。
工事前に、低圧の動力ブレーカー1次側にて検相を確認し、正相か逆相かどうかチェック。
絶縁耐力試験終了⇒工事完了⇒高圧受電⇒電圧確認と、ここまで来たら、低圧ブレーカーを入れる前に、再度検相を確認する。

関連リンク