でんきメモ

RLC並列共振回路

RLC並列回路
抵抗R、コイルL、コンデンサCを並列に接続した回路。

RLC並列共振回路
共振すると、コイルとコンデンサがなくなり、Rだけがある状態と同じになる。

RLC並列回路のインピーダンスの式
Z = 1/{(1/R)+(1/JωL)+(-ωC/J)}[Ω]

RLC並列共振回路の条件

虚数部 = 0 になるとき。

=(1/JωL)+(-ωC/J)
=(1/J){1/ωL - ωC}

1/ωL - ωC = 0

このときの周波数を共振周波数 f0 と呼ぶ。

共振周波数f0のときのインピーダンスZ
Z = 1/{(1/R)+(1/JωL)+(-ωC/J)}[Ω]
= 1/(1/R) [Ω]
= R[Ω]

コイルとコンデンサだけの並列回路

共振周波数f0のときのインピーダンスZ
Z = 1/{(1/J)(1/ωL - ωC)}[Ω]
=1/0 = ∞

回路が切断されているのと同じ状態となり、回路に電流は流れない。

共振周波数f0と共振電流I0

RLC並列回路が共振状態にある時、共振電流I0は最小となる。
I0 = E/Z = E/R [A]
TOPに戻る