でんきメモ

低圧進相コンデンサ

低圧コンデンサの外観。

低圧進相コンデンサの設置場所

低圧コンデンサの場合、③④のように、変圧器2次側、モーター誘導電動機に対して並列に繋ぐ。

低圧コンデンサの取付け位置

モーター負荷を電源から切り放したとき、コンデンサも同時に切り放せるようにする。
コンデンサだけが接続されたままだと、力率の進み過ぎによる過電圧・高調波などが発生する。
その結果、コンデンサが損傷したり、使用機器に悪影響を及ぼす。

低圧進相コンデンサのメリット

低圧コンデンサが低圧負荷と並列であれば、もしコンデンサ内部の絶縁破壊による事故が起こった場合、その被害範囲を最小限に食い止められる。
もし仮に高圧部でコンデンサ爆発などが起こった場合、被害範囲は高圧充電部全体に波及する恐れがある。
また、コンデンサによる力率改善効果は、進相コンデンサの設置位置よりも上位の部分に効果を与える。なので、負荷により近い位置に設置することで、遅れ無効電力を打ち消し、力率(=有効電力/皮相電力)を改善する。

④低圧負荷と並列であるメリットとデメリット

コンデンサの故障・トラブル

低圧コンデンサの保護装置

E形コンデンサには保安装置を内蔵されている。
コンデンサに事故(内部素子の絶縁破壊)が発生した場合、ケースが膨む。
そして保安装置が作動してコンデンサは回路から開放される。
この場合、コンデンサは機能を失うので、必ず取り替える。

事故-1975年以前に製造された低圧進相コンデンサ

1975年(昭和50年)以前に製造された低圧進相コンデンサ。
保安装置が内蔵されておらず、経年劣化により火災事故が発生する恐れがある。
使用中止および交換が促されている。
とりわけ梅雨から9月にかけて多発するらしい。
TOPに戻る