でんきメモ

MOC-A3 正面


MOC-A3 瞬時要素

2段特性
100%⇒約80ms動作
130%以上⇒約50ms動作

3段特性
20%-40%-60%-80%⇒300ms動作
100%⇒約80ms動作
130%以上⇒約50ms動作

右下 ディップスイッチ
1-2-3-4-5-6
ON

OFF

1:周波数
2:瞬時段数(3段・2段)
34:瞬時感度
OFFOFF⇒20%
OFFON⇒40%
ONOFF⇒60%
ONON⇒80%

56:限時特性
OFFOFF⇒超EI
OFFON⇒強VI
ONOFF⇒反NI
ONON⇒定DT

RUNランプ

正面中央上部にある。
入力電流が1.5A以上で点灯する。
実際の電流はツマミを電流計測に合わせてデジタル数値で見る。

CPU リセットボタン

正面右上の黒い四角のボタン。
押している間はRUNランプが消灯し、リレー機能がロックされる。

MOC-A3 裏面端子

電流引き外し A3T

電圧引き外し A3V


×端子は故障の原因になるので接続できない。
更新時、既設の継電器にアース接続がある場合、○端子を中継用として使用可能。

RD形(ユニット引出形)

裏面の外部配線を外さずにツマミやLEDランプがある正面部分だけを取り外すことができる。

もしCT回路の分離を忘れてリレーユニットを引き抜いてしまっても、CT2次回路が開放しないように補助機能として、「ユニット引出し時の自動短絡片」を備えている。

稼動中の整定変更

稼動中の整定変更は、不要動作の恐れがあるので避けること。
しかしやむを得ず変更する場合、CPUリセットボタンを押して動作ロック状態で行う。
(動作ロック状態では、リレーは動作しない。)

OCRの慣性特性

①限時要素 ダイヤル 10
②入力:整定値の 1000%
③通電時間:動作時間の 90%
上記条件にて不動作であることを確認

関連ページ

TOPに戻る