でんきメモ

過電流継電器 電流引き外し

電流引き外しタイプは、OCR内部接点の構造から「常時閉路式」とも呼ばれる。
下図の「X1トリップ用」という部分を参照。


OCRの電流引き外し単体試験を行う際、a1-a2接点でトリップ信号を拾ったとしても、それは警報接点であって、実際の運用においてはX1接点が確実に動作することを確認しなくてはならない。

VCB遮断を伴う連動試験を行えば、X1トリップ接点が確実に動作する事を確認できる。

OCR 電流引き外し用 トリップ電流の流れ

■OCR不動作時
CT2次⇒C1R⇒C2T2R⇒電流計⇒CT2次(接地側)
T1Rの先はVCB(TC)のインピーダンスがあるため短絡されているC2T2R側へ電流が流れる

■OCR動作時
CT2次⇒T1R⇒VCB(TC)⇒C2T2R⇒電流計⇒CT2次(接地側)
OCR内部のX1トリップ用b接点が開くことで、電流はT1RのVCB(TC)の方へ流れる。

電流引き外しと電圧引き外しの端子の違い


誘導型、電流引き外しの試験方法


TOPに戻る