でんきメモ

過電流継電器 電圧引き外し

電圧引き外し、別名「常時開路式」と呼ぶ。名前の由来は「内部の接点構造」から。
継電器が動作した際、内部a接点が閉じる事でVCBトリップコイルに電圧が印加される仕組み。

「52a」とは、VCBのパレットスイッチ。
パレットスイッチは遮断器の開閉状態に連動して動作するスイッチ。
VCB引き外しコイルに電圧を励磁し続けないように、遮断機が開いたら励磁を切るためのスイッチ。
また遮断器の開閉状態を外部に送るためのもの。


OCR単体試験を行う際、a1-a2でトリップ信号を配線して動作したとしても、 それは警報a接点が問題なく開閉動作した事を確認しただけで、 実際にVCBを引き外す回路はT1-T2のトリップ用接点である。

T1-T2接点が正常に動作する事を確認するためにはVCB連動試験を行う必要がある。
警報接点とトリップ用接点で接点容量が異なる点に注意。

電圧引き外しの配線

DC制御電源[+]⇒VCBのTC⇒52aパレットスイッチ⇒T1⇒T2⇒DC制御電源[-]のように配線されている。


トリップ用電源の供給源
①CTD(コンデンサ引き外し電源装置)
②直流制御電源盤

OCRが電圧引き外し、かつCTDがOCRの近くに無い場合、直流制御電源盤から供給されている事が多い。

CTD(コンデンサ引き外し電源装置)


コンデンサ引外し電源装置にAC100Vで充電しておき、直流電圧を出力し、VCBを遮断させる。
コンデンサが内蔵されているので、停電しても動作することができる。
CTDの入力側AC100Vの供給源は、VT2次側または低圧電灯盤のMCCBから供給されていることが多い。
CTDの容量は少ないので、停電状態においては数回の引き外ししかできない。

※注意点として、遮断器や保護継電器に使用される制御電源MCCBは、低圧電灯盤ではなく遮断器や断路器のある「高圧受電盤 52R」位置に取り付いている事が多く、容量も小さいのでMCCBのAF(アンペアフレーム)も小さい。

CTD 詳細


CTD 配線図


電流引き外しと電圧引き外しの端子の違い


電圧引き外しは、引き外し用接点がT1-T2しかない。これは遮断器のトリップコイルが1つしかない事を意味する。
OCRのR相動作時もT相動作時も、同じ1つのトリップコイルを使用してVCBを遮断する。

電圧引き外しのメリット

電圧引外しは、引き外し用電源が常に安定的に供給される仕組みをとっている。
それに対して電流引き外しは、事故電流からCT2次側電流を利用することで引き外す。
CT2次側の配線状況や接点抵抗により電流値が変化してしまうので電圧引き外しの方が信頼性が高い。
TOPに戻る