でんきメモ

過電流継電器 電圧引き外し

電圧引き外しタイプは、内部の接点構造から「常時開路式」とも呼ばれる。
継電器が動作した時に内部接点が閉じてトリップ回路に電圧が印加される仕組み。

電圧引き外しの配線

電圧引き外しの場合、制御電源DC⇒VCBのTC⇒52aパレットスイッチ⇒T1⇒T2⇒制御電源DCのように配線されている。

OCRが電圧引き外しタイプだった場合、トリップ用電源は、

1.CTD(コンデンサ引き外し電源装置)から
2.直流制御電源盤から

このどちらかの場合が多い。
OCRが電圧引き外し、かつCTDがOCRの近くに無い場合、直流制御電源盤から供給されている可能性大

CTD(コンデンサ引き外し電源装置)外観


CTD 詳細


CTD 配線図


電流引き外しと電圧引き外しの端子の違い


電圧引き外しの場合、制御電源DC⇒VCBのTC⇒52aパレットスイッチ⇒T1⇒T2⇒制御電源DCのように配線されている。