でんきメモ

低圧非常用発電機から給電中に受電盤内の接地を外しても良いのか?

【疑問】
高圧受電設備の停電点検時、低圧非常用発電機を起動して重要負荷へ給電した状態での点検において、高圧受電設備の接地は外しても良いのか?

【考え】
B種接地は、高圧と低圧の混触を防ぐためにある。
また、低圧非常用発電機からの給電において、DTで切り離されているので、B種接地のある変圧器の方へは影響がない。
なので、商用OFF、非発⇒DT⇒負荷に供給中、であれば、B種接地は外しても良い。

QB内のA種、D種については、低圧3Φ200V非常用発電機に単独でD種接地がされている場合には、高圧停電時かつ非常用発電機で給電状態において、受電盤内の接地測定は行っても良い。