でんきメモ

VT 計器用変圧器

高圧電圧を、制御回路に使用しやすい電圧(主にAC110V)に降圧させ、電圧計の計器や保護継電器を動作させるために使用する。
二次側に電流をあまり流す必要がないので小容量。
一般的に定格負担(VA)は、50VA~200VA程度。
VTは、かつてはPT(Potential Transformer)とも呼ばれていた。

VT 外観

VT 図記号

VT 複線図

VTと電力用変圧器との違い

1.測定誤差を小さくするために巻線の電気抵抗や磁束の漏れを小さくしている
2.二次側に電流をあまり流す必要がないので小容量

VTの注意点

VTは、計器用変圧器(VT)の二次側を短絡させてはいけない。
VT二次側を短絡させると、VT二次巻線に過大電流が流れ、VT二次巻線が焼損する可能性がある。
すると、VT一次巻線と二次巻線の間で絶縁破壊を起こし、VTを介して高圧地絡や相間短絡に至る場合がある。

VTの接地工事

高圧計器用変成器:D種接地工事
低圧計器用変成器:接地工事不要(詳細は電気設備技術基準の解釈第13条参照)

継電器の制御用電源として使用

VT2次側電圧の利用例
・UVR(不足電圧継電器)の電源回路P1P2端子へ
・GRの制御電源P1P2端子へ
VTの容量は50VA~200VAと小さいが、UVRやGRなどの継電器の制御電源は2VA~10VAとさらに小さいので対応が可能。