でんきメモ

SOG制御装置とは?


SOG制御装置は、PASやUGSなどの開閉器に設置され、開閉器以降の構内(需要家側)を保護する継電器。
もし需要家側で短絡や地絡が発生した場合、PASやUGSを開放(遮断)させ、波及事故を防止する。

SOGとは、英語で、Storage Over Current Ground
日本語だと、過電流蓄勢トリップ付地絡トリップ動作
Storage Over Current = 蓄勢 + 過電流 = 短絡電流

SOG制御装置とPASの配線図


SOG動作試験を行う上での注意事項

SOG試験を行う時、地絡方向継電器の動作範囲は、V₀を基準として、I₀の位相角で決定される。
この時、位相は「最大感度角」で行う必要がある。

位相0度でも試験は行えるが、動作時間測定にて測定時間が少し遅れるケースがある。
※位相特性が遅れ45°~進み135°だった場合、最大感度角は進み45°に設定する。

SOG動作試験上の設定例

地絡電流とZ1-Z2間電圧

零相電圧とY1-Z2間電圧

PAS無停電状態でのSOG試験

PASは投入状態のまま、停電させずにSOG動作試験をする方法


SOG制御装置とPASの連動試験

  1. 試験機のP1、P2は、SOGには繋がない。
  2. 試験機のkt、Ltを、SOGのkt、Ltにそれぞれ繋ぐ。
  3. 試験機のV、Eを、SOGのT、Z2/Eにそれぞれ繋ぐ。
  4. 試験機の信号線T1、T2は、SOGのP1P2につなぐ。
  5. 試験機のカウンタストップを「電圧」に切り替える。
  6. 試験機I0を、整定値の130%に整定する。
  7. 試験機V0を、整定値の150%に整定する。
  8. PASを投入する(SOGのP1P2に電圧が出力される)
  9. 試験機からSOGに電流と電圧を印加し、SOGを動作させ、PASを開放させる。
  10. PASが開放したことによりP1P2が無電圧となり、試験機のカウンタがストップする。

PAS無停電状態でのSOG試験

無停電状態で試験する際の注意点

短絡電流⇒SO動作⇒PAS開放までの流れ

  1. 需要家内で短絡事故発生
  2. PAS内のR相・T相に設置されたOCRが動作(600A±100Aで動作)
  3. PAS内OCRが動作⇒PAS内の接点が閉じる⇒SOG内のVb-Vc間が導通
  4. Vb-Vc導通⇒PC2(フォトカプラ)に電流が流れる⇒信号がCPUに伝達
  5. 需要家の短絡電流により電力側の電線用遮断器(FCB)が遮断⇒停電発生
  6. PAS内の負荷側に接続されたVTが無電圧⇒SOG制御装置P1P2が無電圧
  7. SOG内のP1P2が無電圧⇒その信号がSOGのCPUに送信される
  8. Vb-Vcの導通、P1P2の電源停止、この2条件にてRY2が動作
  9. 常時は、Vcの先にある「トリップコンデンサ」は蓄電状態
  10. RY2が動作⇒Va-Vc回路が閉路⇒トリップコンデンサ~Va~トリップコイル~Vcへと電流が放電
  11. PAS主回路が開放される

SOG制御線

SOの疑似動作試験方法

  1. PASを投入状態にする
  2. P1P2に電源を印加する
  3. Vb-Vc間をワニぐちクリップなどで一瞬短絡させる(PAS内OCRの疑似動作)
  4. その1秒以内にP1P2への印加を停止する
  5. Va-Vcに電圧が印加され、トリップコイルでPASが開放される

SOG制御装置が残留電圧による影響で零相電圧が基準値外に

単相回路の接続や、高圧自動電圧昇圧器(SVR)の設置により、配電線の対地静電容量や対地電圧が不平衡であった場合、地絡事故がなくても、零相電圧が常時発生する。これを「残留電圧」と呼ぶ。
この状態でSOGへ試験電圧を加えると、残留電圧と試験電圧のベクトル和がSOG制御装置に印加される。
その場合、残留電圧が大きいと、正常値で動作しない可能性がある。
この場合、PASやUGSの開閉器を開放し、停電状態にして、残留電圧の影響をなくし、試験を実施する。

SOG制御装置の警報回路にサージアブソーバを取り付ける

SOG制御装置の警報ラインは別電源(別接地)系統となるので、雷による影響を回避するため、サージアブソーバの取付が推奨されている。


サージアブソーバ

SOG制御装置の外箱

SOG制御装置の外箱は、ステンレス製とプラスチック製の2種類がある。


カタログ(外箱)


・屋外用プラボックス形
・屋外用ステンレスボックス形(関東地区仕様LA内蔵PAS用)
・屋内用埋込形

「関東地区仕様LA内蔵PAS用」というのがあるらしい。
SOG制御装置が絶縁用トランス内蔵だった場合、ステンレス製らしい。
(SOG制御装置、LTR-P-D 取扱説明書より)