でんきメモ

停電前の接地抵抗計測定によりSOGが動作しPASが開放

事故例
PAS投入状態の受電中、A種接地抵抗確認のため、SOGのZ2で接地測定を行おうとした。
接地抵抗計のEをSOGのZ2に接続するはずが、勘違いをしてSOGのZ1に接続してしまった。
接地抵抗計のEから交流電圧が出力されるため、Z1-Z2間に電圧が発生し、SOGがI0動作した。
PASは無方向性であり、I0動作したSOGはPASを開放させ、予期せぬ全館停電に至った。


関連ページ

TOPに戻る